関東は歴史と伝統の深い恋愛パワースポットが充実


2000年の歴史・元祖恋愛パワースポットと言えば大國魂神社

日本国内で最古の恋愛パワースポットと言えば、大國魂(おおくにたま)神社ですね。大國魂神社が建立されたのは今から2000年も昔、武蔵国の総本社として地元の人々の間では深く信仰されていました。
その名の通り大國魂大神がご祭神として御鎮座しており、厄除けの神として知られる一方で縁結びの神としても根強い人気があります。良縁を引き寄せるには悪運を断ち切り、厄を除けることが大切なのだと諭してくれます。
大國魂大神は出雲大社に御鎮座する大国主神と御同神であり、衣食住の神としても有名です。大國魂神社の開門時刻は4月1日から9月14日までは朝6時から夕方6時まで、9月14日から翌年3月31日までは朝6時半から夕方5時までとなっています。

恋愛成就・縁結びを祈願するなら、参拝する時間やタイミングも重要ポイント。できるだけ人の出入りが少ない午前中の天気の良い日がおすすめです。とくに参拝の決まり事はありませんが、鳥居をくぐる時はおじきをして気持ちを冷静にして曇りのない心を持ちましょう。


埼玉の黒山三滝が恋愛成就のパワースポットとして人気の理由とは

埼玉県で若いカップルに人気の恋愛パワースポットと言えば、黒山三滝ですね。一見、ごく普通の大きな滝のように見えますが、なぜこの滝に行くと恋愛が成就すると言われているのか、そのヒミツを知りたくはないですか?

黒山三滝の名の通り、3種類の滝が集中しており、そのうちのひとつが天狗滝、あとの2つは男滝(おだき)・女滝(めだき)です。ここまで解説すればもうおわかりですよね。この2つの滝が夫婦滝であり、四季折々の風景が美しく、1度訪れたら2度3度と訪れたくなることまちがいなし。春には新緑、秋には黄色と赤のコントラストが見事な紅葉が楽しめます。

室町時代には信仰の地として多くの人がこの場所を訪れ、修業に励んだものです。
滝に近づけば近づくほどマイナスイオンのパワーを浴びて、すがすがしい気持ちになれるので、自然にプロポーズの言葉が飛び出してくるのではないでしょうか。男性からのプロポーズを待ってはいられないせっかちさんは、女性から男性にプロポーズするのもいいかも。自然の広大な滝を目の前にすれば、ちょっぴり大胆になっても不自然ではありません。黒山三滝でどれほどのカップルが愛の言葉を誓い合ったことでしょう。そんな想像力をかきたててくれます。


縁結びと女子力アップを祈願するなら江島神社

恋愛成就を祈願する前に美しくなって女子力アップしなきゃ、そんな女子にピッタリなのが神奈川県藤沢市江の島の江島神社です。多くの神社でご祭神は三柱か四柱、多くても五柱ですが、江島神社には八柱も御鎮座しています。

多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)・市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)・田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)・建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)・豊受気毘賣命(とようけひめのみこと)・火之迦具土神(ほのかぐつちのかみ)・龍宮大神(わだつみのみやおおかみ)・弁財天(八臂弁財天・妙音弁才天)の八柱です。弁財天は七福神の一柱であり、この他には江ノ島の海の女神がついています。江島神社が創建されたのは552年(欽明天皇13年)ですから、神奈川県の神社の中でも古い歴史と伝統があります。
江島神社で恋愛成就を祈願するなら、本殿とともに「恋人の丘」で知られる龍恋の鐘の地に行くことです。龍恋の鐘は、龍宮の向い側の階段を上ったところにあります。ただし、この地にひとりで行ってもなんの意味もありません。
大好きな彼氏がいるけど、いまひとつ相手の態度が煮え切らない、彼氏のほうもそろそろプロポーズしたいけれど、彼女が返事してくれるかどうか不安。そんな時はカップルでこの地を訪れて一緒に龍恋の鐘の音を響かせましょう。その音色は幸せを呼ぶ美しい音色で、2人の愛は永遠のものとなることでしょう。


ピックアップ

 

スポンサードリンク

関東は歴史と伝統の深い恋愛パワースポットが充実