四国・中国エリアで人気の恋愛成就パワースポットの魅力


四国の穴場的な縁結びパワースポット田村神社と龍河洞

香川県高松市のパワースポットと言えば金比羅さんがあまりにも有名ですが、その一方で恋愛成就・縁結びの神としてひそかに人気を集めているのが田村神社です。田村神社は讃岐平野のほぼ中央部に位置しており、白い大きな鳥居がトレードマークです。

田村神社の周辺には湧水の地があり、水が清らかな場所には良いエネルギーが感じられます。創建されたのは709年(和銅2年)のことで、奈良時代にはすでに社殿が建てられており、歴史と伝統の重みが感じられます。

田村神社のご祭神は田村大神と呼ばれる倭迹迹日百襲姫命 (やまとととひももそひめのみこと)・五十狭芹彦命 (いさせりひこのみこと)・猿田彦大神 (さるたひこのおおかみ)・天隠山命 (あめのかぐやまのみこと)・天五田根命 (あめのいたねのみこと)の五柱です。

田村神社がなぜ縁結びの神と呼ばれるのか、本殿の造りを見れば、島根県の出雲神社のように太い縄が固く結ばれているのを見ればわかります。古い昔から龍が住んでいたという言い伝えがあり、そのせいか境内に一歩足を踏み入れると強いパワーが感じられます。
本殿への参拝はもちろん、末社の姫の宮にも参拝しましょう。姫の名がつくことから恋愛の神様がいるので、恋愛成就をしっかりサポートしてくれそうですね。

四国の穴場的な恋愛パワースポットはもうひとつ、高知県の龍河洞があります。とくに神社や神宮でもなく、幸せの鐘の音を鳴らす場所でもなく、なぜ洞窟が縁結びのパワースポットなの?と疑問に思うかもしれません。

しかし、それだけに龍河洞がどんな場所なのか、どんなパワーがあるのかますます興味がそそられてしまうものです。龍河洞は岩手県の龍泉洞・山口県の秋芳洞と並ぶ日本三大鍾乳洞のひとつとされています。鍾乳洞に一歩足を踏み入れるとまるで天然のクーラーのように涼しく、初夏から真夏にかけて多くのカップルや家族連れでにぎわいます。
鍾乳洞の見どころは個性的でユニークな自然の地形、水のしたたる音、清らかな水の流れ、洞窟特有の力強い波動エネルギーが感じられることです。
とくに飛龍の滝や玉廉の滝では水と大地の力強さが感じられ、恋愛の悩み事がとても小さなものに思えてしまうほどです。水と大地のエネルギーに触れることで、精神を落ち着かせて清らかな心を持てるようになります。洞窟の中はミステリアスでちょっぴり怖いかもしれませんが、観光客も大勢いるし、大切な人と2人で歩けば心強いものです。


縁の糸・出雲大社と玉造温泉の願い石で恋愛の願いを叶えよう

出雲大社については今更もう何も語る必要がない、それほど全国的に有名な縁結び神社であり、全国各地から多くの人がこの地を訪れてきました。
神社の参道は、通常は平坦な道ですが、出雲大社では参道が下り坂になっているのが特徴です。下り坂になると通る時に少し気が緩んでしまい、ただなんとなく参道を歩いてしまうものです。

しかし、参道を通る時からすでに神の御鎮座する場所にいるわけですから、雑念を振り払い、ピュアな心で神様と接するように心がけましょう。出雲大社での基本的な参拝の仕方は二礼四拍手、そのあとに必ず1回おじぎ(一礼)をします。

境内に入ってからは、すぐに手水舎に行って手と口を清めましょう。縁結びの神様にお願いごとをするには、心が清らかでも体が穢れているようではいけません。今すぐにでも恋愛成就の願いごとをしたいと大きなしめ縄のある本殿の神楽殿まで駆け寄りたい気持ちはわかりますが、あせりは禁物。
心にゆとりを持ち、神の御鎮座する前では素直に従順にふるまいましょう。
写真で見ると出雲大社の神楽殿のスケールがどれほどなのか、わかりにくいですが、実際に近くに寄るとあまりのスケールの大きさに思わず見とれてしまい、圧倒されるはずです。

出雲大社で参拝した後は旅の疲れを玉造温泉で癒してはいかがでしょうか。玉造温泉で有名な恋愛パワースポットと言えば玉造湯神社の願い石ですね。この石に触れると願い事が叶うと言われることから叶い石とも呼ばれており、地元ではもちろん今では全国的にも有名な恋愛パワースポットとなりました。
玉造と言えば古い昔から勾玉(まがたま)の生産地として知られており、地元の人々の間では玉造信仰と呼ばれるほど根強いものでした。

縁の糸を結ぶ出雲大社、そして玉造湯神社の願い石と合わせて訪れたい恋愛パワースポットです。勾玉は若い女性にはちょっぴり古風なアクセサリー、パワーストーンとしても人気がありますが、実は勾玉のあの個性的な形には深い意味があるのです。
月と太陽が重なり合うスケール感の大きい宇宙を崇拝の対象とすること、勾玉の穴は単にペンダントのひもを通す穴ではなく、祖先との深いつながりや絆を表わしています。
出雲大社・玉造温泉・玉造湯神社を訪れた記念に、そして恋愛の守り神として勾玉をひとつ持っておきたいですね。


山口県の縁結びの穴場的存在の別府厳島神社と別府弁天池の魅力は

厳島神社と名が付くパワースポットには、広島県の安芸の宮島で知られる厳島神社があまりにも有名ですが、山口県には縁結びの穴場と言われるのが別府厳島神社です。
別府厳島神社が御鎮座する場所は山口県美祢市秋吉町で、この周辺にはドライブスポットとしても人気の秋吉台の秋芳洞があります。
自然の景観が美しいこの地域では水が清らかで美しく、周辺にはニジマスやアマゴの釣り場があります。
別府厳島神社で恋愛成就・縁結び祈願をしたら、すぐ近くの別府弁天池に出かけてみましょう。名水百選の地であり、コバルトブルーの美しい池の色はとても幻想的です。別府厳島神社は見た目には小さくて地味ですが、やはり一番のおすすめスポットは隣接する別府弁天池です。若い女性にはインスタ映えする名水地としても大人気です。

さて、話を本題に戻しますが、なぜ別府厳島神社が縁結びのパワースポットなのか、それはご祭神として宗像三女神である田心姫神・湍津姫神・市杵島姫が御鎮座することにあります。女性の神様だから2人の仲を嫉妬して邪魔するのではと思うかもしれませんが、そんな邪気も清らかな別府弁天池の水がきれいに洗い流してくれるから心配ご無用。


ピックアップ

 

スポンサードリンク

四国・中国エリアで人気の恋愛成就パワースポットの魅力