参拝する前のマナーを心得ておこう


恋愛神社に参拝する前に身を清めておくこと

「好きな人がいるので恋愛を成就させたい」、「今は彼氏がいないけど、近い将来に良縁に巡られますように」切実に恋愛成就・縁結びを祈願するなら、恋愛神社や縁結び神社に足を運び、参拝すると良いでしょう。

恋愛神社に参拝する前に、きちんとしたマナーを心得ておきたいものです。どの神社に参拝するにしても、身と心のけがれをとり、心身を浄化させて清めておくのは神様に対する最低限のマナーと心得ておくことです。
身と心を清めるために、滝に入って水を浴びる修業をする人もいますが、なにもそこまでする必要はありません。

神社の境内に入ったら、手水舎にすぐに立ち寄り、左手と右手、そして口を清めて心身のけがれをとり、浄化させてから本殿や拝殿に参拝するのがマナーです。正確には、柄杓を右手で持ち、右手で御神水をすくったら左のてのひらにかけて、柄杓を左手に持ち替えて右手も同じようにして御神水をかけます。


恋愛の願いが叶うように心をこめて参拝しよう

恋愛神社で願いをかける時は、願いが叶うように心をこめて参拝するのが基本です。神社で参拝する時は、つい自分の目線で心の中で願いごとに集中する人もいるようです。もちろん、悪いことではありませんが、目の前に神様がいるものという意識を持ち、願い事を心の中で念じるだけではなく、自分の名前と住所を神様に伝えるように意識しましょう。その後に恋愛祈願をして、参拝が終わったら感謝の気持ちを神様に伝えることです。

とくに、声に出して言葉で伝える必要はありませんが、単純に願い事だけをするのではなく、神様に感謝と敬意を払うことも忘れずに。ないものねだりをするのではなく、ふだんから恋愛が成就するように、良い人に巡り合うことができるように自分で努力することが大切ですね。

神社の本殿や拝殿で参拝する時は、願い事だけを伝えるのではなく、自分で今努力していることや実践していることについても、神様に伝えておくと良いでしょう。恋愛神社は、ただ願い事をする場所ではなく、神様とコミュニケーションする場所だと考えてはいかがでしょうか。


ピックアップ

 

スポンサードリンク

参拝する前のマナーを心得ておこう